食器を漂白する際の手順を考えてみました

マグカップなどについた茶渋やコーヒーの汚れは漂白をすることによってキレイに落とすことが出来ます。

食器は食器だけで漂白をすること、というのは当たり前のことだと思っていました。

しかし中には布巾やタオルまで一緒に漂白をする人がいることを知って驚きました。

食器と布巾は雑菌の繁殖の量が全然違うと思います。

だから食器と布巾を一緒に漂白してしまうと、食器に雑菌が移ってしまうような気がするのです。

殺菌のために漂白をする、という意味ももちろんありますが、気分的にちょっと嫌だなと思ってしまいます。

一緒に漂白をするのではなく、食器を漂白して洗って、その残りで布巾を漂白するというのであればまだ分かります。

布巾を漂白してから食器を漂白する、というのもちょっと気分的にあまりよくないと思うのです。

世の中には色々な人がいるんだな、と思いました。

かといって、それを真似しようとは全然思いません。

やっぱり気分的な問題なんだと思います。

タオルは食器用の漂白剤ではなく、洗濯用の漂白剤を使うべきだと思います。

そうしなければ、タオルの生地を傷めることになってしまうと思うので、適したものを使わなければいけないんじゃないかなと思っています。