ネットは非常に便利ですが私の出不精に拍車がかかる

インターネットのおかげで世の中非常に便利になったと思うのですが、その分私の出不精に拍車がかかったなというのが正直な所です。元々学生時代から積極的に外出をする方ではなかったのですが、それでも学生時代は今みたいに何でもネットで購入することが出来る時代ではありませんでした。学校に行って、部活動をして基本的の土日も部活があったりするのでたまの休みは図書館や本屋さんに足を向けるといった風にまあほぼ毎日外出しないといけない理由があった訳です。

本に関しては小説を読むのが好きなので図書館やあと本屋は元値で購入となるから古本屋に足を運んでいましたね。古本屋というのはたまに足を運ぶだけではなかなか掘り出し物に出会うことは出来ず、マメに足を運ぶ必要があります。ですが今は仕事は流石に外出する必要はありますが、その他洋服とか、ネットスーパーとか古本屋だってネットで済ますことが可能です。むしろ古本に関してはネットの方がいろいろなサイトを比較できるのでお得に購入できたりするくらいです。それにネットで書評なども書いてるサイトやブログも多いのでそれらを参考にするならネットの方がむしろ古本屋で購入するより情報量が多いくらいです。

勿論全く外に出ないという訳には行きませんが、買い物は食材などの買物は極力仕事帰りに済ますようにしたら、休みの日は1日家に篭もっていられる日が増えましたね。30代半ばとなると同世代の人は家庭があるのでなかなか一緒に出かけたり、集まるといったことは難しくなります。私自身は独身で時間は結構あるのですが、接客業ということもあり土日祝などの勤務が多く平日休みだと独身の友達ともなかなか休みが合わなかったりします。

この間知人の結婚式で久々に顔を合わせたといった人も多かったですね。結婚式も一時期多かったのですが、最近は年齢的なモノもあり招待状が届くこともめっきり減ってしまいました。ご祝儀貧乏にならずに家計的には助かるのですが少し寂しい気もしますね。