ゲームのジャンルの矜持に関して思う事

ゲームをプレイしていると、時々納得のいかない部分というのは誰しも思う事だと思います。

私は、例えば無意味にクリックさせる様なゲームというのが嫌いなのです。

ジャンルは、ノベル系のゲームだったと思いますが、その手のゲームは選択肢次第でエンディングが変わるといっても、マルチエンディングシステムとは事なるゲームだと私は考えます。

また、ノベルゲームはただ選択肢を選んで、小説を読むかの如く物語を読み進めるだけのものです。

故に、余計な不必要な選択肢を表示させるのはどうかと思います。

最近やったゲームで、そういう無意味に選択肢をクリックさせるゲームをプレイしましたが、到達するエンディングは同じでした。

選択の順番でエンディングに変化があるならば、途中に選択肢を入れる事は有りだと思います。

けれど、変化が見られない物に対しては感動する事が出来ません。

という事で、私はゲームを趣味として好きだからこそ、そういった類のゲームは手を抜いているとしか思えないからこそ好みではないです。